良い霊芝の選び方のポイントをご紹介

30年かけて実現された理想の霊芝、直井霊芝をご紹介します
よい霊芝を選ぶためには
βグルカン44.8%のこだわり
黒姫高原の霊芝畑より
五岳霊芝資料請求
商品紹介
良い霊芝を選ぶためには
トップページ >>【よい霊芝を選ぶためには?】
【中国2000年の歴史をもつ霊芝】

霊芝(レイシ)は、サルノコシカケ科に属するキノコで、和名をマンネンタケといいます。強靭な組織をもち、きわめて生命力が 強いことからこの和名がつけられたと言われています。

しかし霊芝といっても何百種類もあり、同じ霊芝でもおのずと違いがあります。 菌株や、栽培方法、栽培地によって性質は大きく違ってくるのです。

よい霊芝を選ぶためには?

【βグルカン44%を実現させた霊芝作りの第一人者・直井幸雄氏の「霊芝選びのポイント」】

30年間に渡って霊芝(レイシ)の栽培をおこない、理想的霊芝の栽培法を完成させた直井幸雄氏が、
よい霊芝を選ぶためのポイントをお教えします。

【直井幸雄氏】・・・霊芝の自然原木栽培を開発。さらに、独自の種菌「直井霊芝(GY系)」の開発に成功。

よい霊芝を選ぶポイントは3つ

◆有用性の高い種菌を使っていること(学術的データ)

「有用性が高い霊芝」を作るには「有用性が高いことが証明された霊芝の種/種菌」が必要です。有用性が低い霊芝の種菌からは、いくら頑張っても有用性の 低い霊芝しかできません。

◆霊芝の力を最も引き出す栽培方法で育てること

栽培方法には、「自然原木栽培」と「容器栽培」の2種類がありますが、「自然原木栽培 」が最適です。なぜならば、手間はかかるものの自然の刺激(温度・水・光・土壌細菌)を霊芝に与えることができるからです。温室栽培方法である 「容器栽培」では良い霊芝を育てることはできません。

◆有用成分が大量に抽出でき、かつ吸収されやすい加工方法

霊芝の有用成分は、非常に硬い細胞壁の内側に含まれていますので、加工方法によって 有用成分の抽出量が大きく違ってきます。
霊芝の抽出方法には、熱水抽出法・アルコール抽出法などもありますが、最適なのは 「細胞壁破壊製法」です。

【熱水抽出法】
霊芝100g中から5〜8gしか抽出できません。
※βグルカンは、5〜8g中の3.3%(0.17〜0.26g)しか抽出できません。

【細胞壁破壊製法】
霊芝100g中から100gの抽出ができます。
※βグルカンは、100g中の44.8%(44.8g)抽出できます。

「細胞壁破壊製法」は、他の抽出法に比べ、βグルカンをはじめとする霊芝の有用成分を 大量、かつ吸収されやすい状態でとることを可能にした製法です。

さらに詳しい内容を知りたい方は、こちらより資料をご請求下さい。
よい霊芝を選ぶためには
βグルカン44.8%のこだわり
黒姫高原の霊芝畑より
| 霊芝Q&A
| 資料請求 
| 商品紹介・ご注文
| マイアカウント
| カートを見る
おすすめ商品
五岳霊芝商品紹介へ
695アガリクスのサイトへ
時間をとめて巻き戻すエイジングケア アビエルタのサイトへ